OPP袋とは

 

OPP袋とは

OPP袋とは、英語のOriented Polypropyleneを略したもので、その正式名称は2軸延伸ポリプロピレンです。

OPP袋は、素材となるポリプロピレンを縦横方向に延伸して透明なフィルム状にしたもので、透明封筒やフィル封筒と言えば理解しやすいと思いますが、業界ではOPP袋という名称で取引されています。

OPP袋と同じようなものにCPP袋がありますが、これはCast Polypropyleneを略したもので、CPP袋の正式名称は無延伸ポリプロピレンです。

CPP袋の見た目はOPP袋と同じく透明なので、素人が見ても見分けがつかないと思いますが、CPP袋はOPP袋とは違い触ってもパリパリした感触はなくて、触った感じが滑らかで伸びやすいのがその大きな特徴です。

CPP袋はOPP袋と比べると透明度は多少落ちますが、最初から違うものだと分かっていなければ気づくことはないでしょう。

またOPP袋は強度があってもフチの部分が裂けやすくなっていますが、CPPはフチが裂けにくいのも特徴となります。


OPP袋やCPP袋は透明のビニール封筒ということで、耐水性に関しては紙封筒に比べると高くなっていて、室内で利用する以外にも、屋外で多少の雨が降っても安心して使用できるようになっていますが、だからといってその中に液体や粉末を入れて販売するのには適していないので、中に入れるものには十分に注意をするようにしましょう。

OPP袋やCPP袋を利用する時には、その特性をきちんと把握した上で利用することがおすすめで、透明度に関してはどちらを選んでも問題はありませんが、伸縮性を求めるのであればCPP袋を、パリパリ感を求めるのであればOPP袋を選ぶといいでしょう。

特にどちらを使用しても問題がないという場合は、値段が安い方を選ぶといいでしょう。


参照記事:OPP袋・OPP封筒の激安販売


OPP袋やCPP袋は、今ではいろいろな業界で利用されていて、特に中身を見せて商品を販売したい企業や、カタログやパンフレットをなるべく多くの人の目に触れさせたいという企業には、とてもおすすめできるものとなっています。

特に通販業界では、透明な封筒をDM用の封筒やカタログを入れる封筒に使用することによって、売上をアップさせることができるとして、OPP袋などはかなり重宝されています。

透明の封筒を利用すれば開封率が格段に上がることになり、これまではDMやカタログを受け取ってそのままゴミ箱に捨てていた人たちも、とりあえずは開封して中を確認するようになり、それが直接売り上げアップにつながると言われています。


【Pick-Up】DM用OPP封筒のジブリック


 
コンテンツ